So-net無料ブログ作成
チェコ ブログトップ

プラハの石畳 [チェコ]

今回、プラハの旧市街からプラハ城へかけての散策で最も興味深かったのが石畳。

車の通る石畳の石と石のギャップは1cm以上あり、中には2cmくらいのものもある。
Sto07.jpg

それぞれの車はゴーと音を立てて走っており、まさに車のタイヤとサスペンションの耐久試験をしているようだ。

さらに面白いのは、石畳デザイナーというか、そのパターンがいろいろあること。
車の道路の扇状パターン。
Sto09.jpg

プラハ城に向かう歩道にてWhite-Black squareパターン。
Sto08.jpg

坂道で滑らないようにと細長い石のパターン。
Sto03.jpg

格子パターン。
Sto04.jpg

城内での角度の違うパターンの集合体。
Sto02.jpg

そして、それらは地元の人々の暮らしに反映されていて、ベビーカーを見ると、4輪独立サスペンション。
さすがだ。
Sto01.jpg

市内観光の馬の蹄を覗いてみると、蹄の下にさらに木で出来た厚いピールが付けられていており、恐らく蹄で石畳を削ることを避け、蹄の摩耗を最小限にする工夫がされている。
Sto06.jpg
Sto05.jpg

ここプラハの街を訪れるときには、底がフラットなシューズをお勧めする。

我々男性の革靴の先端のコバの部分でさえ、歩いていると石と石のギャップにホールドされてしまう。

細いヒールは、そのギャップにホールドされて折られること請け合いなのでご注意を。

プラハの夜 [チェコ]

チェコのプラハの旧市街へ。
__ 1.JPG__ 2.JPG


土曜日なのか夜11時過ぎても、ローカルと観光客で通りは人だらけ。
旧共産圏の国、よくこのような建物が壊されなかったか感心する。
人々の雰囲気は隣国ドイツに似ているが、とにかくデカく、骨太の印象。

治安のバロメーターである落書きはやはり至る所にあり、歩きタバコをしている人も結構見かける。

テレビでは丁度、日本対チェコのデビスカップを生中継をやっており、こちらのアナウンサーは結構冷静なコメント。

内山、頑張れ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
チェコ ブログトップ