So-net無料ブログ作成
ホテル ブログトップ

ちょっと違った元旦の過ごし方 @シャングリ・ラホテル東京 「ピャチェーレ」 [ホテル]

正月の元旦にどこへ行くか?

除夜の鐘?初日の出?旅行?といろいろあるが、今回はちょっと贅沢なランチを試してみた。

普通のレストランは正月は休みのところが多いため、普段中々プライベートでは行かない外資系ホテルをチョイス。

で、今回は、第二次ホテル戦争で2,000年代にオープンした、2005年のコンラッド東京、マンダリンオリエンタル東京、07年のザ・リッツ・カールトン東京、ザ・ペニンシュラ東京とある中、09年にオープンした香港系のシャングリ・ラ ホテル東京をチョイス。
Shg01.jpg

そこの28階のイタリアンレストラン「ピャチェーレ」。
Shg02.jpg

http://www.shangri-la.com/jp/tokyo/shangrila/dining/restaurants/piacere/

イタリアのベネチュアをイメージしたデザインで、空間のスペースが天井も高くてゆったりしていて、且つ飾り付けも綺麗だ。
Shg04.jpg
Shg05.jpg

窓際の席からは東京駅が見下ろせ、丸の内のビル群、皇居も見え景色もいい。
Shg06.jpg

ランチを食べる前に、まず良かった点は、そのソファのようなリラックス出来る椅子。
Shg03.jpg

かなり寛げ、気持ちいい。

さて、ランチの価格は¥5,000からとかなりお高く躊躇するところだが、数回のランチを我慢してこれ一回でどれだけ楽しめるかという観点でエイっとオーダー。

これがその日のメニュー。
Shg07.jpg

まずはスープ、豚肉のテリーヌと来てから手長海老のソースのパスタ。
Shg08.jpg

ミントの隠し味がほんのり香っており、これは美味い。

それぞれの量は少ないが、3種類のパンも食べながらゆっくり食しているため、結構腹8分状態。

そして、今回の中での一番のヒットが鰆のポアレ。
Shg09.jpg

ん?これって鰆?何ともとろけるような柔らかい肉?
と思うような柔らかさであっさりしていて微妙な旨味を感じる。

蓋をして蒸して調理をしているとのことで、でも今までにない美味しさだった。

最後はティラミスのデザートでしめる。
Shg10.jpg

結論としては、その値段を払えば当たり前だろという意見もあるだろうが、イタリア人のマネージャーさんを含めスタッフの方々のHospitalityも素晴らしく、雰囲気、味を総合して満足出来るランチだった。

そして、4日は初ウインドを津久井浜で。
Shg11.jpg

で、今日から気分一新、仕事始めとなったのであった。

海外ホテル予約サイト [ホテル]

海外ホテル予約にあたり、Booking,com、Hotels.com、Expedia.co.jp、Tripadvisor.jpを比較してみた。

レンタカーで動く自分にとって最も良かったのは、Booking,comだった。
Boo02.jpg

まず何が使い易いかというと、街の名前をInputしてあるホテルを特定してから地図を表示すると、その近辺のホテルを表示し、そこをクリックするとそのホテルの予約状況、価格が一目で判ることである。
Boo03.jpg

それらを見ていると、ビーチ際のメインストリート沿い、駅の近く、観光名所の近くは比較的価格が高く、予約も埋まっていることが多いが、そこから1km以上離れると同じ価格でも条件が良くなっていく。

地図もGoogle Mapを使っていて見やすいし、使いやすい。

あと、同じ街を指定したときに、候補として挙げられるホテルの数=情報量が、場所にもよるのであろうが一番多く、且つ口コミも海外のものを含めてしっかりと書かれている。

そして、最近iPhone向けアプリも出されて、PCのWebと同じように使い易い。
Boo01.jpg

さて、これからが実際のアクション。
ホテルを予約していない初日、最終日以外の中日は、そのときの状況で決めたルートで、一日だいたいこれくらいの距離を走ると仮定してみる。
そして短、中、長距離に分けて3箇所の街を決めて、幾つかの候補のホテルをそれぞれリストアップしておいた。
一応、宿が見つからないという最低のシチュエーションは避けたいので。

さて、実際にはどうなるか、それはその時の状況次第。

汐留のパークホテル東京とロイヤルパークホテルって・・・ [ホテル]

本日朝から、ホテルの名前違いで走り回ることに。

USの半導体メーカーのマネージメントと初めて会う約束で、先方が汐留のロイヤルパークホテルのロビー25階で会いたいとのことでした。
そして、ロイヤルパークホテルのロビーに約束時間より20分前に着き、余裕でメールをチェックしていて約束の時間が過ぎても来ない。
ロイヤルパークロビー.jpg
ロイヤルパークホテルのロビーが実際には24階だったので、「25階で会いたい」と言っていたのに疑問に思い、ロビーで尋ねると「もしやパークホテル東京の25階のロビーでは?」とのことで、相手に電話を掛けてみると「パークホテルの25階のロビーにいる。」とのことで、やられました。
パークホテル東京は何と道を挟んで反対側にあるではないですか?
map02.gif
急いで、パークホテル東京の2階の入り口から、
パークホテル入口.jpg
25階のロビーに向かい、
Park hotel01.jpg
約10分遅れで何とかロビーの横にある"The Lounge"で無事打ち合わせを始めることが出来ました。
Park hotel02.jpg
日本人ならまだしも、外国人にとっては"Park Hotel"という名称が先だって、間違えるのも無理ないかなと。
さすがに似通った名前のホテルが道を隔てて2つ存在するというのをちゃんとチェックしていなかった私に不備がありましたね。

ロイヤルパークホテルに停めてあった車に戻る際、日本テレビタワーの壁ずいぶんとデカイ時計のオブジェを見て、少し心が癒されました。
日テレ01.jpg
宮崎駿デザインの日テレ大時計だそうです。
大時計.jpg
それでは、良い週末を!
ホテル ブログトップ