So-net無料ブログ作成
検索選択

カリフォルニアドライブ(その4:シーフードレストラン Scoma's @サウサリート) [US]

サンフランシスコのゴールデンゲートビリッジを渡った街、サウサリート。

そこで必ず訪れるシーフードレストランがScoma's。
http://www.scomassausalito.com/#dining
Sc07.jpg

海を隔ててサンフランシスコの街が彼方に見える。
Sc05.jpg

今回は初めて海側の最も先端の席で眺めも最高。
Sc04.jpg

やはりここで絶対オーダーして外さないのがクラムチャウダー。
Sc01.jpg

先日、BSにて特集していてレシピまで公開していたが、具の多さ、その手の込んだ味付け、旨味があって兎に角最高の味だ。

そして今回は牡蠣の料理。
Sc03.jpg

と、ボンゴレ。
Sc02.jpg

店からの眺め、食事の美味しさ、素晴らしい。

今回、サンフランシスコのPier 47に同じレストランの名前があったので、気になって行ってみた。
Sc08.jpg

昔、経営者が一緒で姉妹店だったとのことだが、結論としてはまるでダメ。

このクラムチャウダーもちょっと冷めていて、味も旨味が乏しく美味しくない。
Sc09.jpg
Pier 47の一大観光地の中にあると、どうしても味が落ちてしまうのか、最初からこうなのか、同じ店名でも天と地の差があったことを、一応報告。

カリフォルニアドライブ(その3:ナパのイタリアンレストラン Oenotri) [US]

久々のカリフォルニアドライブ更新。

ワインテイスティングを終え、少し酔いを覚ましてからナパの街中、1st street沿いのイタリアンレストラン"Oenotri"へ。
Oe01.jpg

ドライブ中、レストランをサクッと探すのに役立ったのは、やはりGoogle Map。
走りながらその地域のレストランをクリックして☆の数を見ながら良さそうなところを探し、幾つかをリストしておいて実際にお店の中を覗いて決める。
Oe07.png

かなりの混み具合で、バーもあったのでここに決めた。
Oe03.jpg

結果は、外さず美味しいイタリアンレストランだった。

厨房もオープンで自信を持ってアピールしてくる。
Oe02.jpg

そしてスタッフが推奨してくれたBroken Arrow Ranch Stuffed Quail.
Little birdって言っていたので何かと思えばうずらの鳥料理。
Oe06.jpg

肉が柔らかく且つジューシーで旨味がたっぷりで見た目よりも非常に美味しい。
Oe04.jpg

そしてデザートのカンノーロ(Cannori)。
Oe05.jpg

イタリア系アメリカ人のデザートとしても大変人気が高いそうだが、リンゴの果実とナッツとの相性も良く、程よい甘さで歯ごたえと共に凄く美味しい。

ガイドブックもいいが、やはり最後は店の雰囲気と人の賑やかさをチェックすることで、美味しいレストランのヒットする確率は上がるようだ。

チャーミングプレセール@横浜元町 [ショッピング]

この頃になると連れて行かれる元町チャーミングセール。
今年は2月21日からとのことだが、本日要有って元町へ。

さすがに約1週間前なので人通りは少ないが、ある意味セールに関係ないところは空いていて見やすい?
Mo01.jpg

とあるお店は、プレセールと銘打ってお客様にアピール。
値引きはセール時と大して変わらない思い切った営業戦略?
Mo02.jpg

で、ぶらぶら裏道を歩いていて停まったのが、今治浴巾の今治タオル。
Mo03.jpg

その中で一目停まってしまったのが、デザイナーのChrisさんがハワイのマウイ島のハナに向かう壮大な大自然をイメージしたというタオルだった。

店員さんのお勧めは、シンプルなCOCOONというタイプで、このデザイナーがその繊維の質、風合い、そして抜群の吸水性、耐久力から選んだというもの。
Mo04.jpg

この中で、大きなバスタオルの一つ小さいタイプのバスタオルで、大き過ぎず、家で体に巻くでもなく、さらさらっと髪を乾かし体を拭くには丁度良いサイズがあったので、これは海でのタオルにもってこいとのことで購入。

さて今週から使ってみよう。
17日の春一番?に向けて、昨日の休みの分のフレックス休を取得して。

早くも海藻出現@津久井浜 [ウインド]

午前中、津久井浜でのウインド。
8m/s前後の風にてセイルは7.1㎡。

今日は陸側に戻ってくるときに、空気が透き通っているのか富士山が良く見える。
Tsu21.jpg

そして海水も綺麗で透き通って見える。
Tsu20.jpg

さて、例年こんな早かったかと思ってしまったが、ビーチ際から出艇すること50mくらい、ついに海藻が発生し、ストレートのスラロームフィンに絡まる事象が起き始めた。
今回は海藻の発生域を抜けたところで必ず幾つかの藻がフィンに絡まっているので、一度艇を止めてシバーしながらボードを前後にシゴいてフィンの海藻を取った。
さすがに寒い冬の海に、藻を取るために海に入っての作業はやりたくない。
現時点で海藻のメインはヒジキ。

なので、次回から数ヶ月はまたウィードフィンの世話になることになる。

最近津久井浜ではフォイルをやられている方が増えてきているようだが、こちらも海藻が絡まるとさらに取るのに苦労しそうだ。

ただもう少しするとわかめ、メカブの美味しい季節になるのが、何よりも嬉しい限りだ。

http://bandwidth.blog.so-net.ne.jp/2016-02-27