So-net無料ブログ作成
検索選択

新型「プリウス」、ちょっと触れ。 [車]

トヨタ本社テクニカルセンターにて新型「プリウス」にちょっと触れてみた。
展示車は左ハンドルの車。
お台場のメガウェブでも展示され始めたので大丈夫でしょう。
http://www.megaweb.gr.jp/article/prius/

まず運転席に座って感じた事。
ハンドルの革の質感が最近のマツダの車に共通した質感に近い良い印象。
これが大衆車のクオリティーの標準になるのか。
IMG_0732A.jpg

そして、Aピラーが細いこと(3の部分)。
視界が少しだが良くなっている。
外から見ると今までの車よりかなり細い。
carlineup_prius_style_design_2_01_pc.png

後部座席に座ってみた印象は、ルーフラインのデザインによる窓側を見たときの窓の上側の視界。
デザイン重視で視界が若干狭く感じる。

そして外に周ってみて驚いたのは、リアハッチ(エンブレムとナンバープレートがついているところ)のパネルが樹脂で出来ていること。
スマホの磁石を当ててみるとサイドのパネルはくっ付くが、このリアハッチのパネルはくっ付かない。
デザインの自由度の向上と、コスト低減、軽量化に貢献か?
carlineup_prius_style_design_2_06_pc.png

とまあ、5分ほどちょっと触れただけの印象はこんなものか。

車として好き嫌いは別として、次世代車両技術「TNGA」を最初に採用した新型プリウスは興味深い。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

Jet lag

ライトさん。
毎度ありがとうございます。
by Jet lag (2016-01-04 22:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0